夏の注目ファッション CROCS

おすすめブーツ


ガーゼストール

雨が降りそうな曇りの日、憂鬱な雨の日は、この一足で大丈夫! 軽いので晴れの日でもOK。 スニーカーの様な、おしゃれなソールのラインがアクセントになってます。
そして、非常に軽く濡れてもすべりにくく、さらに足に合わせて形が変形するという特徴があります。
長時間はいても疲れない、アウトドア、足場の悪い場所などオールラウンドに対応できるのはナカナカないんじゃないかな?

クロックスのシューズはクロスライトという、プラスチックやゴムではない「Proprietary Closed Cell Resin(PCCR)」でできています。
この素材は分子間の隙間が全くなく、 実質的に匂いやバクテリアが入りこむ隙間がないため、足の匂いも移りません。

ブランド紹介

CROCS社は、コロラド州ボルダーを本拠地として、リンドン・デューク・ハンソン (Lyndon "Duke" Hanson)、 スコット・シーマンズ (Scott Seamans)、ジョージ・ボーデッカー (George Boedecker)の3名によって2002年7月に創設されました。
カナダケベック州のフォームクリエーション社が開発した、軽いプラスチックの靴を売り出そうという目的を持って立ち上がった会社です。 滑りにくい素材を生かし、ボートやアウトドア用のサンダル「ビーチ」というモデルを発売しました。
口コミやメディア露出で一気に人気が爆発し、2003年には全米で社会現象になった程です。また、CROCS社の考えを大きく超え、多目的シューズとして愛されるようになりました。